特集

サッカーW杯・カタール2022

サッカー・ワールドカップカタール大会が11月20日に開幕。4年に1度の世界最高峰の戦いの様子をお伝えします

特集一覧

football life

2世代指導が生んだ森保ジャパンの成果と課題 サッカー日本代表

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
クロアチアにPK戦で敗れ、選手たちに声をかける森保一監督(中央)=カタール・アルワクラのアルジャヌーブ競技場で2022年12月5日、宮武祐希撮影
クロアチアにPK戦で敗れ、選手たちに声をかける森保一監督(中央)=カタール・アルワクラのアルジャヌーブ競技場で2022年12月5日、宮武祐希撮影

 サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会で5日(日本時間6日)、日本は決勝トーナメント1回戦でクロアチアにPK戦の末に惜敗し、4度目の8強挑戦もはね返された。それでも1次リーグではW杯優勝経験国のドイツとスペインを破り、継続的な強化が実を結んだ大会になった。

 クロアチア戦で先制ゴールを挙げた前田大然選手(セルティック)、1次リーグでドイツとスペインからゴールを挙げた堂安律選手(フライブルク)、スペイン戦で逆転ゴールを決めた田中碧選手(デュッセルドルフ)、さらにはドリブルで再三チャンスをつくった三笘薫選手(ブライトン)。今大会で躍動した選手たちには共通点がある。いずれも原則24歳以下で編成した2021年東京オリンピックの代表だ。

 日本代表の森保一監督は17年に東京五輪世代の代表監督に就任したが、日本サッカー協会はその時点で、翌18年のW杯ロシア大会後に年齢制限のないフル代表の指揮も託す方針を決めていた。腰を据えた強化のためで、日本協会の田嶋幸三会長は「協会としてこれほど代表監督を長期的に見てきたことはなかった」…

この記事は有料記事です。

残り999文字(全文1463文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集