特集

Fun!フィギュア

フィギュアスケートを楽しむ「Fun!フィギュア」。銀盤で輝きを放つスケーターが描く魅力あふれる世界を伝えます

特集一覧

フィギュアGPファイナル 男子ショートプログラム(SP)速報

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

60秒で自動更新

  • ON
  • OFF
男子SPで演技する宇野昌磨=イタリア・トリノのパラベラ競技場で2022年12月8日、貝塚太一撮影
男子SPで演技する宇野昌磨=イタリア・トリノのパラベラ競技場で2022年12月8日、貝塚太一撮影

宇野首位発進 山本2位、三浦3位、佐藤6位

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルは8日、イタリア・トリノのパラベラ競技場で開幕して男子のショートプログラム(SP)が行われ、世界王者の宇野昌磨選手(トヨタ自動車)が99.99点で首位発進した。

 山本草太選手(中京大)が2位、三浦佳生選手(オリエンタルバイオ・目黒日大高)は3位、佐藤駿選手(明大)は6位だった。イリア・マリニン選手(米国)は得点が伸びず5位だった。

写真特集でたっぷりと

宇野昌磨、シャンソンで見せた

フリーも速報!

 

男子ショートプログラム(SP)順位

SP順位選手名SP得点(技術点、演技構成点、減点)
1宇野昌磨(トヨタ自動車)99.99(54.42、45.57)
2山本草太(中京大)94.86(54.67、40.19)
3三浦佳生(オリエンタルバイオ・目黒日大高)87.07(47.88、40.19、-1.00)
4ダニエル・グラッスル(イタリア)80.40(42.15、39.25、-1.00)
5イリア・マリニン(米国)80.10(40.86、39.24)
6佐藤駿(明大)76.62(40.42、37.20、-1.00)

第6滑走 イリア・マリニン(米国)

男子SPで演技する米国のイリア・マリニン=イタリア・トリノのパラベラ競技場で2022年12月8日、貝塚太一撮影
男子SPで演技する米国のイリア・マリニン=イタリア・トリノのパラベラ競技場で2022年12月8日、貝塚太一撮影

曲は「I Put A Spell On You by Garou」
クワッドアクセル(4回転半ジャンプ)を武器に台頭。今季のGPシリーズ2戦2勝。
4回転半は…

4―3回転トーループは高さがあった。4回転サルコウは着氷。トリプルアクセルにはミスが出た。全体的に伸びを欠いた。
得点:80.10(技術点40.86、演技構成点39.24)

第5滑走 宇野昌磨(トヨタ自動車)

男子SPで演技する宇野昌磨=イタリア・トリノのパラベラ競技場で2022年12月8日、貝塚太一撮影
男子SPで演技する宇野昌磨=イタリア・トリノのパラベラ競技場で2022年12月8日、貝塚太一撮影
男子SPで演技する宇野昌磨=イタリア・トリノのパラベラ競技場で2022年12月8日、貝塚太一撮影
男子SPで演技する宇野昌磨=イタリア・トリノのパラベラ競技場で2022年12月8日、貝塚太一撮影

曲は「Gravity by John Mayer」
昨季は世界選手権で悲願の金メダル。平昌五輪銀、北京五輪銅と大舞台での安定感も光る。高難度の構成で新たな時代を切り開く。今季のGPシリーズ2戦2勝。
ステファンからの言葉

4回転フリップはクリーン。連続ジャンプは4―2回転トーループ。トリプルアクセルは美しかった。
得点:99.99(技術点54.42、演技構成点45.57)

ステファンと心地いい大会に

第4滑走 三浦佳生(オリエンタルバイオ・目黒日大高)

男子SPで演技する三浦佳生=イタリア・トリノのパラベラ競技場で2022年12月8日、貝塚太一撮影
男子SPで演技する三浦佳生=イタリア・トリノのパラベラ競技場で2022年12月8日、貝塚太一撮影
男子SPで演技する三浦佳生=イタリア・トリノのパラベラ競技場で2022年12月8日、貝塚太一撮影
男子SPで演技する三浦佳生=イタリア・トリノのパラベラ競技場で2022年12月8日、貝塚太一撮影

曲は「Michelangelo 70 by Astor Piazzolla」ほか
昨季はジュニアながら全日本選手権4位に食い込んだ実力者。シニアに本格参戦する今季は、持ち味の4回転ジャンプを生かし、駆け上がる。今季のGPシリーズ2戦2位。
羽生結弦さんに憧れて

4回転サルコウ―3トーループは後半で手をつく。トリプルアクセル、4回転トーループは着氷した。演技後は頭を抱える仕草を見せた。
得点:87.07(技術点47.88、演技構成点40.19、減点-1.00)

第3滑走 山本草太(中京大)

男子SPで演技する山本草太=イタリア・トリノのパラベラ競技場で2022年12月8日、貝塚太一撮影
男子SPで演技する山本草太=イタリア・トリノのパラベラ競技場で2022年12月8日、貝塚太一撮影
男子SPで演技する山本草太=イタリア・トリノのパラベラ競技場で2022年12月8日午後8時56分、貝塚太一撮影
男子SPで演技する山本草太=イタリア・トリノのパラベラ競技場で2022年12月8日午後8時56分、貝塚太一撮影

曲は「Yesterday by Michael Bolton, John Lennon, Paul McCartney」
ジュニア時代は全日本制覇、世界選手権3位など実績十分。オフシーズンはプログラムと調和できるよう4回転ジャンプの精度を高めてきた。今季のGPシリーズ2戦2位。
「やっと自信をもって口にできる」

4―3回転トーループはクリーン。4回転サルコウも降りた。トリプルアクセルも着氷。演技後には笑みもこぼれた。
得点:94.86(技術点54.67、演技構成点40.19)

第2滑走 ダニエル・グラッスル(イタリア)

男子SPで演技するイタリアのダニエル・グラッスル=イタリア・トリノのパラベラ競技場で2022年12月8日、貝塚太一撮影
男子SPで演技するイタリアのダニエル・グラッスル=イタリア・トリノのパラベラ競技場で2022年12月8日、貝塚太一撮影

曲は「Silhouette by Aquilo」
4回転ルッツは転倒。トリプルアクセルは着氷。連続ジャンプは3回転ルッツ―3回転トーループに切り替えた。
得点:80.40(技術点42.15、演技構成点39.25、減点-1.00)

第1滑走 佐藤駿(明大)

男子SPで演技する佐藤駿=イタリア・トリノのパラベラ競技場で2022年12月8日、貝塚太一撮影
男子SPで演技する佐藤駿=イタリア・トリノのパラベラ競技場で2022年12月8日、貝塚太一撮影

曲は「Carol of the Bells by Lindsey Stirling, Mykola Leontovych」
2019年に日本男子4人目のジュニアGPファイナルを制したホープ。昨季は左肩の故障に苦しんだ。手術を経た今季は、復活を期す。イギリス大会3位、フィンランド大会2位。
「思い出の地で頑張る」

冒頭の4回転ルッツは転倒。4―2回転トーループ、トリプルアクセルは着氷した。演技後は納得がいかなそうな表情を見せた。
得点:76.62(技術点40.42、演技構成点37.20、減点-1.00)

6分間練習が始まりました。第1滑走は佐藤駿選手、最終滑走はイリア・マリニン選手です。
男子SPの6分間練習する宇野昌磨に声援を送る観客ら=イタリア・トリノのパラベラ競技場で2022年12月8日、貝塚太一撮影
男子SPの6分間練習する宇野昌磨に声援を送る観客ら=イタリア・トリノのパラベラ競技場で2022年12月8日、貝塚太一撮影

男子ショートプログラム(SP)の滑走順

NO.選手名
1佐藤駿(明大)
2ダニエル・グラッスル(イタリア)
3山本草太(中京大)
4三浦佳生(オリエンタルバイオ・目黒日大高)
5宇野昌磨(トヨタ自動車)
6イリア・マリニン(米国)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集