特集

Fun!フィギュア

フィギュアスケートを楽しむ「Fun!フィギュア」。銀盤で輝きを放つスケーターが描く魅力あふれる世界を伝えます

特集一覧

フィギュアGPファイナル 女子ショートプログラム(SP)速報

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

60秒で自動更新

  • ON
  • OFF
女子SPで演技する坂本花織=イタリア・トリノのパラベラ競技場で2022年12月9日、貝塚太一撮影
女子SPで演技する坂本花織=イタリア・トリノのパラベラ競技場で2022年12月9日、貝塚太一撮影

坂本首位発進 三原2位、渡辺4位

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナル第2日は9日、イタリア・トリノのパラベラ競技場で女子のショートプログラム(SP)が行われ、世界女王として臨む坂本花織選手(シスメックス)が首位発進した。出場選手では唯一のシリーズ連勝で臨んだ三原舞依選手(シスメックス)が2位、日本史上2人目のシリーズ初出場優勝を果たした渡辺倫果選手(法大)は4位だった。

りくりゅうはどうなった?

女子SP前の公式練習

女子SPを写真でたっぷりと

女子フリーも速報!

女子ショートプログラム(SP)順位

SP順位選手名SP得点(技術点、演技構成点、減点)
1坂本花織(シスメックス)75.86(40.37、35.49)
2三原舞依(シスメックス)74.58(39.87、34.71)
3ルナ・ヘンドリックス(ベルギー)74.24(38.75、35.49)
4渡辺倫果(法大)72.58(41.05、31.53)
5イザボー・レビト(米国)69.26(36.49、32.77)
6金芸林(キム・イェリム)=韓国61.55(29.63、31.92)
坂本選手、今季自己ベストに大喜びです。
女子SPでシーズンベストの得点を見て、キスアンドクライで拍手する坂本花織(中央)=イタリア・トリノのパラベラ競技場で2022年12月9日、貝塚太一撮影
女子SPでシーズンベストの得点を見て、キスアンドクライで拍手する坂本花織(中央)=イタリア・トリノのパラベラ競技場で2022年12月9日、貝塚太一撮影

第6滑走 三原舞依(シスメックス)

女子SPで演技する三原舞依=イタリア・トリノのパラベラ競技場で2022年12月9日、貝塚太一撮影
女子SPで演技する三原舞依=イタリア・トリノのパラベラ競技場で2022年12月9日、貝塚太一撮影
女子SPで演技する三原舞依=イタリア・トリノのパラベラ競技場で2022年12月9日、貝塚太一撮影
女子SPで演技する三原舞依=イタリア・トリノのパラベラ競技場で2022年12月9日、貝塚太一撮影

曲は「Merry Christmas Mr. Lawrence by Ryuichi Sakamoto」
昨季は4大陸選手権を5年ぶりに制覇。体調不良による長期休養後初の主要国際大会優勝となった。指先まで洗練された舞で観客を魅了する。今季のGPシリーズ2戦2勝。
無音のリンクで示した「力強い女性」

ダブルアクセルは着氷。3回転フリップも降りた。3回転ルッツ―3回転トーループも決まった。演技後は両手をあげて喜びを表現した。自己ベストを更新した。
得点:74.58(技術点39.87、演技構成点34.71)

「ファイナルで滑れて本当に幸せ」

第5滑走 ルナ・ヘンドリックス(ベルギー)

女子SPで演技するベルギーのルナ・ヘンドリックス=イタリア・トリノのパラベラ競技場で2022年12月9日、貝塚太一撮影
女子SPで演技するベルギーのルナ・ヘンドリックス=イタリア・トリノのパラベラ競技場で2022年12月9日、貝塚太一撮影

曲は「Si Mama by Inna」ほか

3回転フリップはクリーン。ダブルアクセルも着氷。3回転ルッツ―3回転トーループも勢いよく跳んだ。
得点:74.24(技術点38.75、演技構成点35.49)

第4滑走 坂本花織(シスメックス)

女子SPで演技する坂本花織=イタリア・トリノのパラベラ競技場で2022年12月9日、貝塚太一撮影
女子SPで演技する坂本花織=イタリア・トリノのパラベラ競技場で2022年12月9日、貝塚太一撮影
女子SPで演技の最後のポーズのまま、拳に力を込める坂本花織=イタリア・トリノのパラベラ競技場で2022年12月9日、貝塚太一撮影
女子SPで演技の最後のポーズのまま、拳に力を込める坂本花織=イタリア・トリノのパラベラ競技場で2022年12月9日、貝塚太一撮影

曲は「Rock with U by Janet Jackson」ほか
昨季は北京五輪で銅メダル、世界選手権で初優勝と飛躍した。高いスケーティング技術と表現力に加え、高難度の演技も目指す。スケートアメリカ優勝。
トリノで示す女王の意地

ダブルアクセルはクリーン。3回転ルッツも決まった。3回転フリップ―3回転トーループも美しかった。フィニッシュポーズから起き上がり、右手でガッツポーズをつくった。
得点:75.86(技術点40.37、演技構成点35.49)

「ワンチャンいけるかな、と思って」

第3滑走 金芸林(キム・イェリム)=韓国

女子SPで演技する韓国の金芸林=イタリア・トリノのパラベラ競技場で2022年12月9日、貝塚太一撮影
女子SPで演技する韓国の金芸林=イタリア・トリノのパラベラ競技場で2022年12月9日、貝塚太一撮影

曲は「Mercy by Max Richter」

3回転ルッツ―3回転トーループは高さがあった。ダブルアクセルは踏み切りが合わなかった。3回転フリップは着氷した。
得点:61.55(技術点29.63、演技構成点31.92)

第2滑走 イザボー・レビト(米国)

女子SPで演技する米国のイザボー・レビト=イタリア・トリノのパラベラ競技場で2022年12月9日、貝塚太一撮影
女子SPで演技する米国のイザボー・レビト=イタリア・トリノのパラベラ競技場で2022年12月9日、貝塚太一撮影

曲は「Una Noche Mas by Yasmin Levy」

3回転フリップは着氷。ダブルアクセルも降りた。3回転ルッツ―3回転トーループも決まった。
得点:69.26(技術点36.49、演技構成点32.77)

第1滑走 渡辺倫果(法大)

女子SPで演技する渡辺倫果=イタリア・トリノのパラベラ競技場で2022年12月9日、貝塚太一撮影
女子SPで演技する渡辺倫果=イタリア・トリノのパラベラ競技場で2022年12月9日、貝塚太一撮影
女子SPで演技する渡辺倫果=イタリア・トリノのパラベラ競技場で2022年12月9日、貝塚太一撮影
女子SPで演技する渡辺倫果=イタリア・トリノのパラベラ競技場で2022年12月9日、貝塚太一撮影

曲は「El Tango De Roxanne (Moulin Rouge soundtrack) by Sting, performed by Ewan McGregor, Jose Feliciano」
昨季の全日本選手権はフリーでトリプルアクセルを決めて6位と。自己最高順位を大きく更新した。今季は更なる飛躍を目指す。スケートカナダ優勝。
「超えたい、過去の自分」

トリプルアクセルは着氷。3回転ルッツ―3回転トーループもこらえた。3回転ループは美しい。演技後は右手でガッツポーズをつくった。自己ベストを大幅に更新した。
得点:72.58(技術点41.05、演技構成点31.53)

自己ベスト「誕生日プレゼント渡せた」

6分間練習が始まりました。渡辺選手が1番滑走、坂本選手が4番滑走、三原選手が最終滑走です。

女子ショートプログラム(SP)の滑走順

NO.選手名
1渡辺倫果(法大)
2イザボー・レビト(米国)
3金芸林(キム・イェリム)=韓国
4坂本花織(シスメックス)
5ルナ・ヘンドリックス(ベルギー)
6三原舞依(シスメックス)

渡辺倫果「超えたい、過去の自分」

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集