特集

安全保障

日本周辺の安全保障環境が厳しさを増しています。政治や経済、外交など、日本の針路を考えます。

特集一覧

政府、空自を「航空宇宙自衛隊」に改称方針 安保3文書に明記も

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
首相官邸=竹内幹撮影
首相官邸=竹内幹撮影

 政府は防衛力強化策の一環として、航空自衛隊を「航空宇宙自衛隊」に改称する方針を固めた。改称すれば、1954年の航空自衛隊発足以来初めてとなる。7日に開かれた自民、公明両党の実務者による与党ワーキングチーム(WT)で改称の方針を示し、月内に改定する安全保障関連3文書に明記する考えも伝達した。宇宙分野における作戦の重要性が増していることから、人工衛星などを安全保障に活用するための体制を強化する。

 改称は2023~27年度のいずれかの時期に実施する考え。米国や中国などは近年、軍事目的での宇宙利用を活発化させており、米国は19年8月に「宇宙軍」を発足させた。日本でも安倍晋三首相(当時)が同年9月、自衛隊幹部への訓示で、空自について「航空宇宙自衛隊への進化はもはや夢物語ではない」と言及。20年には人工衛星の監視を主な任務とする空自の「宇宙作戦隊」が発足し、22年3月には作戦隊などの上部組織とし…

この記事は有料記事です。

残り100文字(全文498文字)

【安全保障】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集