特集

円安と物価高

日本の物価が上がり始めました。円安・ドル高もコスト上昇に拍車をかけ、商品・サービスの値上げラッシュが続いています。

特集一覧

スキー場、苦悩の値上げ相次ぐ 電気料金上昇で「避けられない」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
オープン前の丸沼高原スキー場で人工降雪機による降雪作業を見守る営業部部長代理の千明靖久さん=群馬県片品村で2022年12月2日午後3時2分、川地隆史撮影
オープン前の丸沼高原スキー場で人工降雪機による降雪作業を見守る営業部部長代理の千明靖久さん=群馬県片品村で2022年12月2日午後3時2分、川地隆史撮影

 本格的なウインタースポーツのシーズンを目前に控え、スキー場が、燃料価格上昇や物価高騰の影響を受けてリフト券の値上げに相次いで踏み切っている。群馬県内19スキー場が加盟する県スキー場経営者協会の担当者によると、値上げ幅は「おおよそ3~10%が多い」。価格転嫁は避けられないが、スノーボード人気を背景に、若年層のゲレンデ回帰に望みをつなぐスキー場は、勢いに水を差さないよう頭を悩ませている。

 今月上旬、片品村の丸沼高原スキー場ではオープンを間近に控え、人工降雪機でゲレンデの整備を進めていた。6日に一部コースでオープンし、全13コースが滑走可能になるのは今月末の見通しだ。

この記事は有料記事です。

残り639文字(全文924文字)

【円安と物価高】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集