特集

米中間選挙2022

米大統領選の中間の年に連邦議会の上下両院、州知事などの選挙が一斉に実施される中間選挙が11月8日に投開票されます。

特集一覧

米ジョージア州上院選決選投票 世論調査では民主党現職がやや優勢

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
米国国旗の星条旗=2018年1月、高本耕太撮影
米国国旗の星条旗=2018年1月、高本耕太撮影

 米南部ジョージア州で6日、上院選の決選投票が投開票された。早ければ6日夜(日本時間7日午前)にも大勢が判明する。11月8日の中間選挙で勝敗が決まらなかった上院最後の議席で、事前の世論調査ではバイデン大統領の民主党の現職がやや優勢。トランプ前大統領推薦の共和党新人が敗北すれば、2024年大統領選に出馬表明したトランプ氏に打撃となる。

 選挙戦は民主党現職のラファエル・ウォーノック氏(53)と共和党新人のハーシェル・ウォーカー氏(60)の争い。上院(定数100)の獲得議席数は民主50、共和49。採決が同数の場合、ハリス副大統領が1票を投じることができるため、民主党は既に多数派維持を決めた。安定的な議会運営に向けて議席積み増しを目指す。

この記事は有料記事です。

残り360文字(全文679文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集