アルゼンチン元大統領に禁錮6年 連邦裁、公共事業絡む汚職罪で

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
アルゼンチン連邦裁から禁錮6年の有罪判決と公職永久追放を言い渡されたフェルナンデス副大統領=ブエノスアイレス郊外で11月17日、ロイター
アルゼンチン連邦裁から禁錮6年の有罪判決と公職永久追放を言い渡されたフェルナンデス副大統領=ブエノスアイレス郊外で11月17日、ロイター

 南米アルゼンチンの連邦裁は6日、大統領在任中(2007~15年)などの公共事業に絡む汚職の罪で、現政権で副大統領を務めるクリスティナ・フェルナンデス元大統領(69)に対し、禁錮6年の有罪判決と公職永久追放を言い渡した。フェルナンデス氏は判決を不服として控訴する方針。

 フェルナンデス氏は、03~07年に大統領を務めた夫の故キルチネル氏の出身地である南部サンタクルス州の道路工事を巡る入札に関し、03~15年に組織的に共謀して特定業者に便宜を図った疑いが持たれていた。16年…

この記事は有料記事です。

残り356文字(全文593文字)

あわせて読みたい

ニュース特集