「注文に時間がかかるカフェ」九州初開催 吃音への理解深めて

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
「注文に時間がかかるカフェ」を開いた(左から)木村さん、平田さん、末田さん=福岡県みやま市山川町清水の大黒園で2022年12月3日、降旗英峰撮影
「注文に時間がかかるカフェ」を開いた(左から)木村さん、平田さん、末田さん=福岡県みやま市山川町清水の大黒園で2022年12月3日、降旗英峰撮影

 なめらかに言葉を発しにくい吃音(きつおん)のある福岡県広川町の木村りこさん(22)ら3人が3日、木村さんの親戚が経営するみやま市のミカン直売所で1日限定の「注文に時間がかかるカフェ」を開いた。接客業に挑戦し、吃音への理解を深めたいと企画した。

 他に参加したのは、同県須恵町の大学生、平田蓮太郎さん(19)と北九州市の通信制高校生、末田裕紀さん(19)。3人はみやま市名物のみかんを使った「HOT蜜柑ドリンク」や八女茶など七つのメニューを準備し、来場した約40人からゆっくりと注文…

この記事は有料記事です。

残り362文字(全文602文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集