国営海の中道海浜公園のハクチョウが鳥インフル疑い 福岡で今季初

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
福岡市
福岡市

 福岡市などは7日、国営海の中道海浜公園(福岡市東区)で飼育中のコブハクチョウ1羽が、高病原性鳥インフルエンザに感染した疑いがあると発表した。福岡県内での鳥インフルエンザ疑い事例は今季初めて。

 市などによると、7日午前9時半に園の職員が衰弱したコブハクチョウを発見し、簡易検査で鳥インフルエンザの陽性…

この記事は有料記事です。

残り100文字(全文250文字)

あわせて読みたい

ニュース特集