特集

サッカーW杯・カタール2022

サッカー・ワールドカップカタール大会が11月20日に開幕。4年に1度の世界最高峰の戦いの様子をお伝えします

特集一覧

モロッコが大一番で見せた強心臓 PK戦制し初の8強 W杯

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【モロッコ-スペイン】PK戦を制して駆け出すモロッコの選手たち=カタール・アルラヤンのエデュケーション・シティー競技場で2022年12月6日、藤井達也撮影
【モロッコ-スペイン】PK戦を制して駆け出すモロッコの選手たち=カタール・アルラヤンのエデュケーション・シティー競技場で2022年12月6日、藤井達也撮影

 サッカー・ワールドカップ(W杯)は第17日の6日(日本時間7日)、ルサイルなどで決勝トーナメント1回戦があり、ポルトガルとモロッコが準々決勝に進んでベスト8が出そろった。

 F組1位のモロッコは初の8強入りを決めた。3大会ぶりの優勝を狙ったE組2位のスペインと対戦し、延長を終えて0―0で突入したPK戦を3―0で制した。

 決めれば初の8強入りとなるモロッコ4人目のPK。短い助走からハキミが繰り出したのは、ど真ん中に浮かせるチップキックだった。同国の新たな歴史がかかった大一番で見せた強心臓。サポーターと喜びを分かち合った世界トップクラスの実力者は「こんなに幸せな日はない」と軽快なダンスを披露した。

この記事は有料記事です。

残り415文字(全文715文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集