ラグビーW杯まで9カ月 ジョーンズ監督電撃解任の背景

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
エディー・ジョーンズ氏=東京都内のホテルで2015年8月31日午後3時42分、山本晋撮影
エディー・ジョーンズ氏=東京都内のホテルで2015年8月31日午後3時42分、山本晋撮影

 ラグビーのイングランド代表を率いたエディー・ジョーンズ監督(62)が6日、来年のワールドカップ(W杯)まで9カ月というタイミングで電撃解任された。近年は英メディアや関係者から批判や進退を問う声が絶えず、協会側が7年に及ぶ長期政権にピリオドを打った。

 2015年W杯で日本を歴史的3勝に導いた手腕が買われ、競技発祥地で初の外国人監督として就任。破竹の17連勝で欧州6カ国対抗を2連覇したが、成績が落ちると物議を醸す言動が目立つように…

この記事は有料記事です。

残り324文字(全文540文字)

あわせて読みたい

ニュース特集