特集

旧統一教会

安倍元首相銃撃事件を機に世界平和統一家庭連合(旧統一教会)に改めて注目が集まっています。

特集一覧

旧統一教会の被害者救済法案が衆院で可決 修正案で与野党合意

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
旧統一教会の被害者救済法案が賛成多数で可決した衆院本会議=国会内で2022年12月8日午後1時39分、竹内幹撮影
旧統一教会の被害者救済法案が賛成多数で可決した衆院本会議=国会内で2022年12月8日午後1時39分、竹内幹撮影

 世界平和統一家庭連合(旧統一教会)問題を受けた被害者救済法案が8日、衆院本会議で採決され、自民・公明両党と、立憲民主党、日本維新の会、国民民主党などの賛成多数で可決し、参院に送られた。参院は同日中に本会議で、政府の趣旨説明と質疑を行った。政府・与党は今国会の会期を延長せず会期末の10日に参院本会議で採決し、成立させる。

 衆院本会議に先立つ衆院消費者問題特別委員会では、自民、立憲などが共同で、寄付勧誘時に法人が配慮しなければならない配慮義務規定を「十分に配慮」とより強い表現に変える修正案を提出し、賛成多数で可決した。共産党は反対した。施行後3年をめどとしていた見直し規定も2年に短縮する修正をした。

この記事は有料記事です。

残り600文字(全文902文字)

【旧統一教会】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集