NY株小幅反発、1ドル高 荒い値動き

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 7日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は小幅反発し、前日比1・58ドル高の3万3597・92ドルで取引を終えた。前日までの2日間で計830ドル超下げたのを背景に、割安感が出た銘柄に買いが入った。一方、米連邦準備制度理事会(FRB)による金融引き締めの長期化を懸念した売り注文も出て、荒い値…

この記事は有料記事です。

残り114文字(全文264文字)

あわせて読みたい

ニュース特集