議事堂襲撃を計画の極右25人拘束 ドイツ帝国模倣の国家目指す

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
警察官に連行される「ハインリヒ13世」と名乗る男(右)=ドイツ・フランクフルトで7日(Boris Roessler/DPA提供、AP共同)
警察官に連行される「ハインリヒ13世」と名乗る男(右)=ドイツ・フランクフルトで7日(Boris Roessler/DPA提供、AP共同)

 ドイツ検察は7日、テロ組織に参加した疑いなどで、極右勢力のメンバーら25人を拘束したと発表した。独自の国家樹立を目標に、政府転覆を狙って連邦議会議事堂の襲撃を企てた疑いがあるとしている。地元メディアによると、首謀者の一人は「ハインリヒ13世」と名乗る貴族の家系出身の男(71)とされる。

 検察の発表によると、男らは遅くとも昨年…

この記事は有料記事です。

残り174文字(全文338文字)

あわせて読みたい

ニュース特集