特集

習近平の中国

習近平体制は党大会を経て3期目が始動。権力集中が加速する異例の長期政権は、どこに向かうのでしょうか。

特集一覧

中国・習主席がサウジ訪問、経済関係を強化 中東で影響力拡大へ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
サウジアラビアのムハンマド皇太子(右)と会談する習近平中国国家主席=リヤドで2022年12月8日、サウジ王室提供・ロイター
サウジアラビアのムハンマド皇太子(右)と会談する習近平中国国家主席=リヤドで2022年12月8日、サウジ王室提供・ロイター

 中国の習近平国家主席が7日、サウジアラビアを公式訪問し、8日に同国のサルマン国王、首相のムハンマド皇太子と会談した。ロシアのウクライナ侵攻などで資源エネルギー価格の高騰が続く中、世界最大の原油輸入国である中国と最大輸出国のサウジが経済面を中心に戦略的な関係を強化する狙いがある。習氏は9日までの滞在中、湾岸諸国やアラブ諸国との首脳会議にも出席する予定。中東での中国の影響力拡大につながりそうだ。

 ロイター通信によると、両国は包括的戦略パートナーシップの合意文書に署名した。これに先立ち、習氏はサウジ入りの際の声明で「両国間の協力はあらゆる分野で成果を上げており、双方は国際問題と地域的問題に関して緊密な連携を維持している」と強調した。

この記事は有料記事です。

残り977文字(全文1295文字)

【習近平の中国】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集