ペルー大統領罷免 議会の解散宣言を無視され…身柄も拘束

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ペルーのカスティジョ大統領=リマで2022年10月11日、AP
ペルーのカスティジョ大統領=リマで2022年10月11日、AP

 南米ペルーの議会は7日、急進左派のカスティジョ大統領の弾劾決議案を賛成多数で可決し、同氏を罷免した。議会で野党勢力が過半数を占める「ねじれ」の状況で苦しい政権運営を強いられていたうえに、汚職疑惑などで求心力が低下していた。ボルアルテ副大統領が同日、大統領に昇格した。ボルアルテ氏は同国史上初の女性大統領。

 カスティジョ氏は弾劾の採決に先立ち、罷免を免れるため一時的な議会の解散と臨時政府の樹立を宣言したが、議会は採決に踏み切った。国家警察は同日、カスティジョ氏の行為が「憲法に違反する」として身柄を拘束した。ペルー憲法の規定は、議会が2度にわたり内閣不信任決議をすると大統領が議会を解散できるとしており、要件を満たさずに議会解散を試みたことを違憲とみなしたとみられる。検察当局は同日、国家と憲法秩序に反逆…

この記事は有料記事です。

残り744文字(全文1097文字)

あわせて読みたい

ニュース特集