ロシア、米バスケ選手解放 「大麻オイル所持」で有罪 ロイター報道

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ロシアで拘束されていた米女子バスケットボール選手のブリトニー・グライナーさん=2021年8月4日、ロイター
ロシアで拘束されていた米女子バスケットボール選手のブリトニー・グライナーさん=2021年8月4日、ロイター

 バイデン米大統領は8日、ロシア入国時に大麻オイルを所持していたとして禁錮9年の有罪判決を受け、刑務所に収監されていた米女子プロバスケットボール選手のブリトニー・グライナーさんがロシア当局から解放されたと明らかにした。バイデン氏はグライナーさんと電話で話したことを明らかにし、「彼女は安全な環境にいる。帰国途中だ」と述べた。

 ロイター通信によると、米国はグライナーさんの解放と引き換えに自国で拘束していたロシアの元軍人、ビクトル・ボウト受刑者を釈放した。また、アラブ首長国連邦(UAE)とサウジアラビアは8日、共同声明を出し、両国が米露間の交渉を仲介したと明らかにした。解放された2人の交換はUAEの首都アブダビで実施されたという。

この記事は有料記事です。

残り172文字(全文488文字)

あわせて読みたい

ニュース特集