宇宙ベンチャー、日本初の独自宇宙ステーション建設を計画

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
宇宙ベンチャー「DigitalBlast(デジタルブラスト)」が建設を計画している宇宙ステーションのイメージ=同社提供
宇宙ベンチャー「DigitalBlast(デジタルブラスト)」が建設を計画している宇宙ステーションのイメージ=同社提供

 日本の宇宙ベンチャー「DigitalBlast(デジタルブラスト)」(東京都千代田区)が、独自の商用宇宙ステーション建設を計画していることがわかった。米国では民間企業数社が建設計画を公表しているが、日本企業による構想が明らかになるのは初めて。

 12日に東京都内で開催される宇宙関連イベントで同社が発表する。建設費用は総額3000億~5000億円と見積もっており、協力企業などを募る。国際宇宙ステーション(ISS)は2030年で運用を終える見通しで、「ポストISS」を見据えて30年以降の完成を目指す。

 同社によると、新ステーションは地球低軌道(高度400~500キロ)を周回。ISSの日本実験棟「きぼう」(長さ約11メートル、直径約4メートル)の7割程度の大きさの円筒形のモジュール(構成パーツ)を三つ組み合わせた設計にする。30年までに一つ目のモジュールを打ち上げる計画だ。

この記事は有料記事です。

残り651文字(全文1040文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集