「ナスカの地上絵」 新たに168点発見 山形大の研究グループ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
新たに発見された人型の地上絵(線で地上絵を強調)=山形大提供
新たに発見された人型の地上絵(線で地上絵を強調)=山形大提供

 山形大は8日、世界遺産「ナスカの地上絵」で知られる南米ペルーのナスカ台地とその周辺部で、同大の坂井正人教授(文化人類学・アンデス考古学)らの研究グループが、新たに168点の地上絵を発見したと発表した。ドローン(無人航空機)などを活用した調査で、人間のほか、ラクダ科動物、鳥、シャチ、ネコ科動物、ヘビなどの動物とみられる地上絵を確認した。

 研究グループは、現地の考古学者らと共同で、2019年6月から20年2月にかけて、航空レーザー測量やドローンを使った調査を実施。その後のデータ分析で、168点の地上絵を発見した。地上絵は紀元前100年~紀元300年ごろに描かれたとみられる。

この記事は有料記事です。

残り313文字(全文602文字)

あわせて読みたい

ニュース特集