75歳以上の保険料、年平均1400円弱増 出産一時金増額で

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
厚生労働省が入る中央合同庁舎第5号館=東京・霞が関で、竹内紀臣撮影
厚生労働省が入る中央合同庁舎第5号館=東京・霞が関で、竹内紀臣撮影

 厚生労働省が検討している「出産育児一時金」の増額に伴い、75歳以上が加入する後期高齢者医療制度の保険料が、1人平均で年1400円弱増えるとの試算が判明した。9日の社会保障審議会(厚労相の諮問機関)で示す。

 試算は、一時金を現在の42万円から47万円以上に引き上げることを想定したもの。岸田文雄首相が大幅な引き上げを表明しており、政府は50万円程度を軸に…

この記事は有料記事です。

残り266文字(全文443文字)

あわせて読みたい

ニュース特集