柏崎刈羽原発 制限区域に書類未提出で作業員が工具持ち込む

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
新潟県の東京電力柏崎刈羽原発=本社機「希望」から西本勝撮影
新潟県の東京電力柏崎刈羽原発=本社機「希望」から西本勝撮影

 東京電力は8日、柏崎刈羽原発(新潟県)の「立ち入り制限区域」に入った協力企業の作業員が8月、特定の工具を持ち込む際に必要な書類の提出をしていなかったと発表した。入構時の点検で警備員も気付かず、東電は再教育など再発防止対策を講じた。

 東電によると、工具はバールなど。人に危害を加えることができる工具は…

この記事は有料記事です。

残り165文字(全文315文字)

あわせて読みたい

ニュース特集