新日本プロレス「唐津大会」、棚橋選手らが対戦 市長もリングに

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
迫力あるファイトで唐津のファンを熱狂させる棚橋弘至選手(右)=佐賀県唐津市で2022年12月5日午後8時53分、峰下喜之撮影
迫力あるファイトで唐津のファンを熱狂させる棚橋弘至選手(右)=佐賀県唐津市で2022年12月5日午後8時53分、峰下喜之撮影

 佐賀県唐津市のシティープロモーション事業を今年展開してきたプロレス団体「新日本プロレスリング」(東京都)の興行「唐津大会」が5日夜、同市和多田の文化体育館であった。特産品PR動画やミュージックビデオに主演した棚橋弘至選手がメインイベントのタッグマッチに勝利して「唐津、愛してまーす」と雄たけびを上げ、事業の最後を締めくくった。

 全8試合で、技の応酬にマスク越しの声援と拍手が響き渡った。唐津市での興行は、創立50周年の新日本プロレスにとって1997年以来、25年ぶり。新型コロナウイルス対策で通常の50%に抑えた約1000席は完売した。長女から70歳のお祝いにチケットをプレゼントされて観戦した唐津市神田の吉森九州男(くすお)さんは「ビシッ、バシッと肉弾戦の音がすごい」と生で味わう臨場感に感激。横浜市から訪れた古沢深雪さん(…

この記事は有料記事です。

残り572文字(全文936文字)

あわせて読みたい

ニュース特集