福永祐一騎手、23年2月で騎手引退 調教師への転身を表明

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 日本中央競馬会(JRA)で歴代4位の通算2613勝の実績を持つ福永祐一騎手(45)が8日、来年2月で引退して調教師に転身すると表明した。「免許のある2月末までは騎手をして、その後は生産牧場、育成牧場、海外を含め、厩舎(きゅうしゃ)経営に必要な経験を積んでいきたい」と語った。2023年度の新規調教師免許試験の合格発表を受け、滋賀県栗東市の栗東トレーニングセンターで記者会見した。

 滋賀県出身の福永は、天才ジョッキーとして名をはせ、レース中の落馬事故で引退した福永洋一さん(73)の長男。1996年3月にデビューし、99年の桜花賞でGⅠ初勝利。13年にはMVJ(最優秀騎手)に輝いた。重賞でも歴代4位の159勝をマークしている。

この記事は有料記事です。

残り431文字(全文745文字)

あわせて読みたい

ニュース特集