連載

記者の目

最前線の記者がそれぞれの取材テーマを論じます。1976年にスタートした毎日新聞を代表するコーナー。

連載一覧

記者の目

サッカーJ3昇格・奈良クラブ 信頼回復が育んだ悲願達成=川畑岳志(奈良支局)

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ヴィアティン三重戦でゴールを決め、観客と喜ぶ奈良クラブの選手たち。この一体感がJ昇格につながった=奈良市のロートフィールド奈良で、川畑岳志撮影
ヴィアティン三重戦でゴールを決め、観客と喜ぶ奈良クラブの選手たち。この一体感がJ昇格につながった=奈良市のロートフィールド奈良で、川畑岳志撮影

 サッカー・日本フットボールリーグ(JFL)に所属する奈良クラブが、来季のJリーグ(J3)昇格を決めた。今春記者生活をスタートして奈良支局へ配属された私は、チームの戦いぶりを毎日新聞の地域面(奈良面)で繰り返し報じてきた。クラブには、県民を裏切る行為で存続の危機に立たされた歴史があった。そこから地道に信頼回復を目指したクラブと、その努力を評価したサポーターとの結びつきが奈良初のJクラブ誕生という悲願達成につながった。歓喜に沸くホームスタジアム「ロートフィールド奈良」(奈良市)で、スポーツの将来像を見た。

 「きょう達成できたことは歴史的なことだ。そこで2人の名前を挙げたい」。クラブがJ昇格を決めた11月5日。フリアン・マリン・バサロ監督は試合後の記者会見で、そう切り出した。

この記事は有料記事です。

残り1518文字(全文1858文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集