特集

高校駅伝

毎年12月に京都市で開催される全国高校駅伝競走大会(都大路)を中心とした高校駅伝に関するニュースサイトです

特集一覧

全国高校駅伝

いざ都大路、決意新た 伊賀白鳳「8位入賞目標」 鈴鹿「笑顔でフィニッシュ」 きょう号砲 /三重

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
三重県代表として2校の名前が呼ばれ、起立する選手たち=京都市体育館で2022年12月24日、原諒馬撮影 拡大
三重県代表として2校の名前が呼ばれ、起立する選手たち=京都市体育館で2022年12月24日、原諒馬撮影

 男子第73回、女子第34回全国高校駅伝競走大会(毎日新聞社、日本陸連、全国高体連など主催)の開会式が24日、京都市体育館で行われた。エントリー選手全員が出席するのは3年ぶり。県代表の男子・伊賀白鳳の登録選手10人と女子・鈴鹿の登録選手8人、両校の監督が出席した。校名を呼ばれると立ち上がり一礼し、25日のレース本番に向けて決意を新たにした。

 伊賀白鳳の主将で2区の鈴木千翔(かずと)選手(3年)は「いつも通りやってきたことを出しきる。個人として区間5位、チームでは8位入賞を目指したい」と意気込んだ。1区の島子公佑選手(同)は「緊張しているが、チームのために1秒でも早く走り、流れをつくりたい」と話した。後藤剛監督は「7人を選抜するのが悩ましいほど、選手全員の実力が上がっている。後は背中を押すだけ」と語った。

 鈴鹿の1区、松本未空(みく)選手(2年)はこの日、午前8時に会場入りし、周辺を試走して最終調整した。「調子は良い。結果を残して、次世代の後輩たちに勇気を与えたい」と話し、5区アンカーの上島乃愛(のあ)選手(同)は「みんなで、たすきをつなぎ、笑顔でフィニッシュしたい」と決意を述べた。田中将吾監督は「楽しく走ると部員で決めた。元気いっぱい都大路を駆け抜けてもらいたい」と期待していた。【原諒馬】

〔三重版〕

【高校駅伝】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集