全国高校駅伝

男子大会新、倉敷V 長野東、女子初V

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
男子第73回全国高校駅伝競走大会で、1位でフィニッシュする倉敷・檜垣蒼=たけびしスタジアム京都で2022年12月25日、山田尚弘撮影 拡大
男子第73回全国高校駅伝競走大会で、1位でフィニッシュする倉敷・檜垣蒼=たけびしスタジアム京都で2022年12月25日、山田尚弘撮影
女子第34回全国高校駅伝競走大会で、1位でフィニッシュする長野東・村岡美玖=たけびしスタジアム京都で2022年12月25日、望月亮一撮影 拡大
女子第34回全国高校駅伝競走大会で、1位でフィニッシュする長野東・村岡美玖=たけびしスタジアム京都で2022年12月25日、望月亮一撮影

 男子第73回、女子第34回全国高校駅伝競走大会(毎日新聞社、日本陸上競技連盟、全国高校体育連盟、京都府、京都市、両教育委員会主催、SGホールディングス特別協賛)は25日、京都市のたけびしスタジアム京都(西京極陸上競技場)を発着点に行われ、男子は倉敷(岡山)が大会新記録の2時間1分10秒で4年ぶり3回目の優勝を果たした。従来の大会記録を8秒更新した。女子は長野東が1時間7分37秒で初優勝を飾った。

 倉敷は3区でトップに立ち、逃げ切った。長野東は2位でたすきを受けた最終5区で前回優勝の仙台育英(宮城)を逆転した。【尾形有菜】

あわせて読みたい

ニュース特集