絆つなぎ、歴史刻む 男子・倉敷3回目V/女子・長野東、初V

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
第4中継所で4区の倉敷の桑田駿介選手(右)からたすきを手渡される5区の田坂愛翔選手=京都市で2022年12月25日、滝川大貴撮影 拡大
第4中継所で4区の倉敷の桑田駿介選手(右)からたすきを手渡される5区の田坂愛翔選手=京都市で2022年12月25日、滝川大貴撮影

 クリスマスの都大路を疾走する高校生ランナーに沿道から大きな拍手が飛んだ。京都市で25日に行われた男子第73回、女子第34回全国高校駅伝競走大会(毎日新聞社など主催)。3回目の優勝の男子・倉敷(岡山)、初優勝の女子・長野東は歓喜に包まれた。

「普段通り」で大会新 男子・倉敷3回目V

 7人が束になり、新たな歴史を開いた。倉敷のアンカー、檜垣蒼(あおい)選手(2年)が独走でフィニッシュし、2時間1分10秒の大会新記録。3区で区間新記録のケニア人留学生、サムエル・キバティ選手(同)をはじめ全員が実力を出した。

 昨年も4区で区間6位だった桑田駿介選手(同)は「落ち着いて(飛ばさず)入って、後半からしっかり」とのプラン通りの走り。必死に追ってくる佐久長聖(長野)との接戦に動じず、リードを15秒から29秒に広げて区間賞をつかんだ。初めて都大路の大舞台を踏んだ5区の田坂愛翔(まなと)選手(3年)も粘り「1区から4区までの思いを背負って役割を果たせた」と振り返る納得の走りだった。

 45年連続45回目の出場で、今や上位常連の名門チームを率いて37年目の新(しん)雅弘監督(61)によると「岡山県内と兵庫県西部、広島県東部から選手を集めている」。近年は全国の中学生ランナーのあこがれだ。桑田選手は愛知県岡崎市の中学時代に佐久長聖の練習会にも参加したが「自分に合っている」と倉敷を選んだ。田坂選手も「強豪でやってみたかった」と、愛媛県新居浜市から門をたたいた。

 本番を翌日に控えた24日夜のミーティング。7人は目標タイムを発表し合った。1区のエース、南坂柚汰(ゆうた)選手(3年)は「全部足したら2時間0分50秒くらい。みんなが最低限の走りをすれば優勝すると思った」と明かす。「普段通りの力」の盤石の優勝だった。【来住哲司、山口一朗】

「3年で」誓った頂点 女子・長野東初V

優勝し、笑顔を見せる長野東の選手たち。左から1区の名和夏乃子選手、2区の窪田舞選手、3区の仁科玲美選手、4区の佐藤悠花選手、5区の村岡美玖選手=京都市右京区の市体育館で2022年12月25日、山崎一輝撮影
優勝し、笑顔を見せる長野東の選手たち。左から1区の名和夏乃子選手、2区の窪田舞選手、3区の仁科玲美選手、4区の佐藤悠花選手、5区の村岡美玖選手=京都市右京区の市体育館で2022年12月25日、山崎一輝撮影

 長野東のエース、村岡美玖選手(3年)が初優勝を決めるフィニッシュテープを切った。待ち構えていた補欠の赤羽真衣佳主将(同)が飛びつく。「やったよ! ありがとう」。入学時に同期で誓い合った目標「3年かけてメダルを取る」を達成した瞬間だ。

 3年生の同期仲間は都大路で成長を続けてきた。チームは2年前は20位、昨年は7位入賞。勝負の今年、3~5区にいずれも経験豊富な仁科玲美選手、佐藤悠花選手、村岡選手を配し、その出来が鍵を握っていた。

 栄冠までの道のりは平たんではなかった。仁科選手は今年1月からぜんそくに苦しみ、今秋の駅伝は県予選、北信越大会ともに欠場。そこで、練習であえてマスクを着けて走り、息苦しさに体を慣れさせた。この日は3回目の3区を任され「『自分』の区間。次を勢い付ける走りを」と、昨年の区間16位を大きく上回る3位で快走し、笑顔がはじけた。

 続く佐藤選手も4区は3回目。1年時は区間29位とブレーキになったが、2年時は9位に上げた。「今年は絶対に区間賞」と言い続けて磨き上げたスピードをラストで披露し、有言実行の区間賞。「チームを引っ張れた」と胸を張った。

 「いつでも走るつもりでいた」という赤羽主将は最後の都大路には立てなかったものの「最高の仲間です」。チームのスローガン「全員駅伝」が形になり、サンタクロースが最高のプレゼントを持ってきた。【鈴木英世】

あわせて読みたい

ニュース特集