連載

sideB・裏面を追って

出来事、制度、慣習の「裏面」には、私たちからは見えにくい事実や疑問、物語が潜んでいます。関係者の証言や記録に迫ります。

連載一覧

sideB・裏面を追って

/4 菅氏に迫ったカジノ延期 横浜前市長、ハシゴ外され落選

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
横浜の風景を背にこれまでを振り返る林文子前横浜市長=横浜市西区で2022年12月20日、吉田航太撮影
横浜の風景を背にこれまでを振り返る林文子前横浜市長=横浜市西区で2022年12月20日、吉田航太撮影

 8年ぶりに対面した彼女の表情は市長時代の重責から解き放たれたせいか、穏やかになっていた。2014年、当時の安倍晋三政権は「観光立国」戦略の目玉として、カジノを含む統合型リゾート(IR)を打ち出した。その有力候補地・横浜で3期12年にわたり市長を務め、誘致を推進したのが林文子氏(76)だった。しかし21年夏の市長選で敗れ、計画は立ち消えになる。彼女はなぜそこまで誘致にこだわったのか。かつて横浜市政担当だった記者が取材を重ねると、政権中枢とのせめぎ合いが垣間見えた。

 22年のゴールデンウイークのさなか、東京・赤坂の高級レストランで、林氏は一人の男性と向き合っていた。

この記事は有料記事です。

残り2379文字(全文2664文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集