B787

客室でB787搭乗気分 浦安のホテル、日航とタイアップ第2弾 /千葉

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ホイールを使ったテーブルなどB787の部品から製造した家具や調度品を設置したコンセプトルームの室内=千葉県浦安市で2022年12月2日、石塚孝志撮影
ホイールを使ったテーブルなどB787の部品から製造した家具や調度品を設置したコンセプトルームの室内=千葉県浦安市で2022年12月2日、石塚孝志撮影

 ボーイング787型機(B787)の就航10周年を記念し、東京ベイ東急ホテル(浦安市)が機体の調度品や部品などを配置した期間限定のコンセプトルームの提供を始めた。

 同ホテルは日本航空とタッグを組み、航空機の部品をインテリアにした客室「ウイングルーム」を昨年4月から提供してきた。今回はタイアップ企画の…

この記事は有料記事です。

残り196文字(全文346文字)

あわせて読みたい

ニュース特集