ニュース時事能力検定試験 行政書士試験の対策本として注目

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
2022年11月に実施された行政書士試験の問題文
2022年11月に実施された行政書士試験の問題文

 時事問題を読み解く力を測る「ニュース時事能力検定試験」の公式テキストが、国家資格である行政書士の試験対策本として注目されている。行政書士試験の「一般知識」科目で、公式テキストを読んでいれば、解ける問題が複数出たためだ。

 行政書士の資格は「就職や転職に役立つ」ともされ、毎年約4万~5万人が試験に挑んでいる。試験は60問300点満点で、合格点は180点以上。合格率はおおむね10%前後だ。

 行政法など「法令」科目が46問のほか、「一般知識」科目が14問出題される。この14問のうち6問以上正解しなければ、法令の科目が満点でも不合格になる合格基準ラインを設定。一般知識の科目には、政治、経済、社会の各分野から時事問題が7~8問含まれ、出題範囲が広いために試験対策が難しいとされている。

この記事は有料記事です。

残り332文字(全文673文字)

あわせて読みたい

ニュース特集