帯状疱疹の後遺症 続く痛み「二度とかかりたくない」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
川島眞・東京女子医大名誉教授
川島眞・東京女子医大名誉教授

 半年前に発症した帯状疱疹(ほうしん)の後遺症で「背中の一部が生傷のように痛む」という大阪府の女性(78)から相談のお便りが届いた。女性は「二度とかかりたくない」と言います。後遺症の治療法や免疫が持続する期間について、川島眞・東京女子医大名誉教授(皮膚科)に聞いた。

約20%に残る神経痛

 帯状…

この記事は有料記事です。

残り566文字(全文712文字)

あわせて読みたい

ニュース特集