晴れ着に墨汁?かけた疑いで会社員逮捕 二十歳の記念式典で

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
墨汁のような黒い液体がかけられる被害にあった着物=福岡県警提供 拡大
墨汁のような黒い液体がかけられる被害にあった着物=福岡県警提供

 北九州市で8日にあった「二十歳の記念式典」で参加女性の晴れ着に墨汁のような黒い液体をかけたとして、福岡県警小倉北署は24日、同市若松区大池町、会社員、平井英康(よしのり)容疑者(33)を器物損壊容疑で逮捕した。調べに対し「そのようなことはしていない」と容疑を否認しているという。

 逮捕容疑は8日午前11時15分ごろ、同市小倉北区の北九州メディアドーム近くのコンビニ店内で、同市在住の女性会社員(20)が着ていた着物の裾や帯などに黒い液体を振りかけたとしている。

墨汁のような黒い液体がかけられた晴れ着=福岡県警提供 拡大
墨汁のような黒い液体がかけられた晴れ着=福岡県警提供

 同署によると、同じ式典の参加者から同様の被害届が10件出されており、いずれも被害者の後ろから黒い液体がかけられたとみられる。平井容疑者の手口と似ており、同署は余罪を追及する方針。【林大樹】

あわせて読みたい

ニュース特集