特集

第72期王将戦

第72期ALSOK杯王将戦の特集ぺージです。記事、動画、棋譜、写真特集などで歴史的対決の様子をお伝えします。

特集一覧

第72期ALSOK杯王将戦

第2局 千葉の小学生棋士・鍛治田将さん 白熱の攻防に興奮 AI超える手に「なんで」 /東京

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
第72期王将戦七番勝負第2局の大盤解説会に参加した鍛治田将さん。手にしているのは記念の扇子
第72期王将戦七番勝負第2局の大盤解説会に参加した鍛治田将さん。手にしているのは記念の扇子

 第72期ALSOK杯王将戦七番勝負の第2局(毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社主催、ALSOK特別協賛)は21、22の両日、大阪府高槻市の温泉旅館「山水館」で指され、羽生善治九段が藤井聡太王将に勝ち、対戦成績は1勝1敗のタイとなった。同市の「高槻現代劇場」で22日あった大盤解説会では約6倍の抽選で当たった250人が、二人の熱戦に歓声を上げた。その中には、小さな子どもたちの姿も。終局後、最前列で見つめていた小学生棋士に話を聞いた。

 名前の漢字を尋ねると「将棋の将です」と答えてくれたのは、千葉県我孫子市の小学3年、鍛治田将さん(9)。祖父の影響で小学1年で指し始め、現在は柏市内の教室で腕を磨いている。お目当ては藤井王将で「将棋界のスーパースター。家族で応援している」と目を輝かせた。

この記事は有料記事です。

残り355文字(全文699文字)

【第72期王将戦】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集