路面凍結で救急車スリップ、ガードレールに衝突 到着24分遅れる

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
走行する救急車=曽根田和久撮影 拡大
走行する救急車=曽根田和久撮影

 強い寒気に見舞われ、長野県内では24日夜、路面凍結によるとみられる救急車や路線バスの事故が相次いだ。

 24日午後7時5分ごろ、同県小海町千代里の国道141号で、急病の80歳代男性を搬送中の佐久広域連合消防本部の救急車が道路脇のガードレールに衝突。県警佐久署や同消防本部によると、凍結した路面でのスリップが原因で、男性は別の救急車で佐久市内の病院に約24分遅れで到着した。搬送中に容体の変化はなかった。またこの事故で、付き添いで同乗していた男性の妻(80)が軽傷を負い、他の救急車で小海町内の病院に搬送された。現場は片側1車線のほぼ直線道路。

 24日午後9時43分ごろには、同県松本市元町1の市道で、路線バスが凍結した路面でスリップして道路脇の電柱に衝突。県警松本署によると、乗客の男女計3人が軽傷を負った。運転手の男性(60)にけがはなかった。現場は片側1車線の直線道路。【宮田哲】

あわせて読みたい

ニュース特集