カルガモ走法でETC突破、364回踏み倒しか 26歳容疑者逮捕

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
大阪府警本部 拡大
大阪府警本部

 高速道路の自動料金収受システム(ETC)レーンで料金を支払わず不正に通過したとして、大阪府警は24日、アルバイトの佐野兼章容疑者(26)=同府寝屋川市春日町=を道路整備特別措置法違反などの疑いで逮捕した。「300~400回やった。料金を払うのがもったいなかった」と容疑を認めているという。

 高速隊によると、佐野容疑者はナンバープレートを折り曲げ、前の車と車間距離を詰めて走る「カルガモ走法」などでレーンを突破していたという。2016年以降、364回計約37万円分の支払いを免れたとみている。

 逮捕容疑は22年12月6、21の両日、オートバイで阪神高速守口本線料金所(同府守口市)のETCレーンを不正に突破。料金計2180円を支払わなかったとしている。

 同法では未払い金に加え、さらにその2倍の料金を上乗せして請求できると定めている。【横見知佳】

あわせて読みたい

ニュース特集