中学生2人、宝石店で強盗致傷疑い 首飾り盗み逃走、逮捕 広島

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
広島県警本部が入る広島県庁東館=広島市中区で、小山美砂撮影 拡大
広島県警本部が入る広島県庁東館=広島市中区で、小山美砂撮影

 宝石店からネックレスを盗んだ際に店主にけがさせたとして、広島県警広署は25日、同県呉市のいずれも14歳の中学の男子生徒2人を強盗致傷の疑いで逮捕した、と発表した。

 逮捕容疑は24日午後5時50分ごろ、呉市阿賀中央8の宝石店の外にあるショーウインドーを割り、陳列してあったネックレス1点(販売価格30万円)を盗み、音に気付いて店内から外に出てもみ合いになった男性店主(62)の頭を殴り軽傷を負わせたとしている。いずれも容疑を認め、それぞれ「友達と宝石を盗もうとした」「ハンマーを振り回しながら逃げた時に体のどこかに当たった」と話しているという。

 広署によると生徒らは友人同士。当時店内に客はおらず、店主は1人で閉店作業中だった。2人は走って逃げ、店主が110番。約4時間後、緊急配備中の警察官が市内で発見し緊急逮捕した。【中村清雅】

あわせて読みたい

ニュース特集