スマホに「狛江」「欠員が出たら…」 強盗指示役とのやりとりか

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
大塩衣与さんの遺体が見つかった住宅=東京都狛江市駒井町3で2023年1月20日午前8時24分、岩崎歩撮影 拡大
大塩衣与さんの遺体が見つかった住宅=東京都狛江市駒井町3で2023年1月20日午前8時24分、岩崎歩撮影

 東京都狛江市の住宅で住人の大塩衣与さん(90)が殺害された強盗殺人事件で、都内の別の強盗傷害事件に関与したとして今月21日に逮捕された容疑者が所持していたとみられるスマートフォンに、狛江市の事件に関する書き込みに加え、「欠員が出たら連絡する」とのやりとりが残っていたことが捜査関係者への取材で判明した。警視庁調布署捜査本部は、指示役の存在を示す書き込みの可能性があるとみて調べている。

 捜査関係者によると、書き込みは、昨年12月に中野区で起きた強盗傷害事件に関与したとして逮捕された金沢市末町の職業不詳、永田陸人容疑者(21)が乗っていたとみられるレンタカー内にあったスマホから見つかった。「狛江市」という地名などが書き込まれていたことは既に判明していたが、「欠員が出たらすぐに連絡する」というメッセージも確認されたという。

 また、スマホには足立区の複数の住所の記載もあったといい、警視庁は記された住所の住人を一時避難させた。そのうちの1軒では実際に空き巣被害も確認されたという。

 永田容疑者が乗っていたとみられるレンタカーは、狛江市の事件当日に現場付近を走行していたレンタカーと同じ車だったことも既に判明している。捜査本部は狛江市と中野区の事件の関連を調べるとともに、強盗グループの指示役がスマホで実行役に襲撃場所や日時などを指示していたとみて捜査している。【鈴木拓也、木原真希、岩崎歩】

あわせて読みたい

ニュース特集