バッグの190万円「高額、怖くて」使えず 置き引き容疑者逮捕

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
兵庫県警本部 拡大
兵庫県警本部

 現金190万円が入ったショルダーバッグを置き引きしたとして、兵庫県警尼崎南署は25日、尼崎市の会社員の男性(51)を窃盗の疑いで逮捕した。現金は全額が自宅で保存されており、同署が押収した。「あまりにも金額が高くて使うのが怖かった」と容疑を認めているという。

 逮捕容疑は2022年11月30日昼、同市内のカレー屋で男性会社員(52)が置き忘れたショルダーバッグ(現金190万円など在中)を盗んだとしている。

 同署によると、現金は仕事の関係で使うため、バッグ内の財布に入っていた。バッグは現金だけが抜き取られて商業施設のトイレに捨てられていた。同署が押収した際に現金は二つの封筒に分けて自宅に置いてあったという。【宮本翔平】

あわせて読みたい

ニュース特集