JR西日本、融雪設備稼働させず 7000人が最大10時間閉じ込め

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
積雪したJR京都駅に止まる電車=京都市下京区で2023年1月25日午前7時56分、本社ヘリから大西岳彦撮影
積雪したJR京都駅に止まる電車=京都市下京区で2023年1月25日午前7時56分、本社ヘリから大西岳彦撮影

 今季最強の寒波が列島を襲い、大阪と京都の間を走るJR東海道線で24日夜~25日朝、15本の列車が線路上でストップした。乗客約7000人が列車内に最大10時間閉じ込められ、救急搬送された人も。当時、列車内では何が起きていたのか。立ち往生は防げなかったのか。

 滋賀県に住む50代男性は24日夜、帰宅しようと京都駅(京都市下京区)から滋賀へ向かう列車に乗った。しかし午後8時ごろ、山科駅(京都市山科区)の手前で列車が突然停止する。そのまま約8時間も動かず、「トイレに行けず失禁する人もいて、まるで地獄絵図だった」と振り返る。

 降車して山科駅まで歩くよう乗務員に言われたのが25日午前4時ごろ。氷点下の気温のなかで線路脇を歩き、ようやく駅に着くと、反対方向の列車に乗せられて京都駅へ戻される。「列車ホテル」になった特急「はるか」に乗り換え、朝を迎えた。男性は「車内アナウンスは『間もなく運行再開します』とずっと言っていたが、一向に動かなかった。JRの対応はむちゃくちゃだ」と憤った。

この記事は有料記事です。

残り1189文字(全文1627文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集