バイデン氏「AppleやGoogleのアプリ手数料高すぎ」 法改正の方針

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
バイデン米大統領=ホワイトハウスで2023年1月26日、西田進一郎撮影
バイデン米大統領=ホワイトハウスで2023年1月26日、西田進一郎撮影

 バイデン米大統領は1日、アップルやグーグルなどの米IT大手がスマートフォンなどのアプリで利用者に多額の手数料を課していると問題視し、是正する方針を表明した。不公平な条件を強いているとし独占禁止法(反トラスト法)の改正などの法整備を議会に働きかける。クレジットカード会社の手数料も見直しを目指す。

 アプリの競争条件の是正は特に与党民主党で支持されているものの、米議会下院は野党共和党が多数派のため実現でき…

この記事は有料記事です。

残り304文字(全文506文字)

あわせて読みたい

ニュース特集