連載

読む政治

見えにくくなった政治の舞台裏。重要な政治判断や政策決定にはどんな思惑と駆け引きがあったのでしょうか。

連載一覧

読む政治

岸家の代替わり秘話 一族の葛藤と決断 消えた安倍家/1

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
衆院本会議に臨み、開会前に実弟の自民党の岸信夫氏(右)と言葉を交わす安倍晋三首相(当時)=国会内で2015年4月21日、藤井太郎撮影
衆院本会議に臨み、開会前に実弟の自民党の岸信夫氏(右)と言葉を交わす安倍晋三首相(当時)=国会内で2015年4月21日、藤井太郎撮影

 2022年7月の安倍晋三元首相の銃撃事件を受け、政界から「安倍家」の名前が消える。水面下では、同族の岸家から安倍氏後継を迎える案も模索されていた。運命に翻弄(ほんろう)された一族の葛藤と決断を追う。 

 連載「消えた安倍家」は、全3回です。
 このほかのラインアップは次の通りです。
第2回 昭恵さんの打診 安倍か岸か…揺れた後継
第3回 前哨戦は林系が制す 巻き返し誓う安倍系

 「2区から出たい。おやじの跡を継ぎます」

 師走らしい寒い日だった。2022年12月中旬、東京・富ケ谷にある安倍晋三邸のリビング。安倍氏の母・洋子さん(94)に対し、孫の岸信千世氏(31)は静かに告げ、病身の父に代わって衆院山口2区(岩国市など)から立候補する意思を伝えた。洋子さんは岸信介元首相の娘で「政界のゴッドマザー」と呼ばれることもある。信千世氏の隣には、洋子さんの三男で父の岸信夫前防衛相(63)も座り、3人でテーブルを囲んでいた。

 安倍氏死去に伴う翌23年4月の衆院山口4区(下関市、長門市)補選をめぐり、自民党の公認候補選びが難航していた。安倍後援会では、2区の信夫氏の長男・信千世氏を、安倍氏の後継として4区に迎えたいという意見が強かった。「なんとか『安倍』の名前を残すため、信千世さんが養子に入り、安倍姓を名乗って安倍さんの政治信条を引き継いでほしい」という声もあった。

 たしかに、信千世氏が信夫氏の跡を継いで2区から立候補すれば、安倍・岸一族からの4区補選の…

この記事は有料記事です。

残り1652文字(全文2277文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集