京大准教授が通勤手当不正受給で停職 転居を18年間隠し906万円

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
京都大=京都市左京区で、野口由紀撮影
京都大=京都市左京区で、野口由紀撮影

 京都大は22日、大学院理学研究科の男性准教授(50代)を停職4カ月の懲戒処分にしたと発表した。准教授は奈良県内から京都市内に転居したにもかかわらず、奈良から通勤し続けているように装い、通勤手当を不正に多く受給していたという。不正期間は2004年1月から18年9カ月に及び、総額は906万円に上る。

 京大によると、准教授が連絡先として大学…

この記事は有料記事です。

残り89文字(全文258文字)

あわせて読みたい

スポニチのアクセスランキング

現在
昨日
1カ月

ニュース特集