特集

Gender

ジェンダー(社会的に作られた性差)にとらわれない、平等な社会とは?格差解消のための課題を考えます。

特集一覧

産む、産まない、産めない~私の場合

大学進学率、男女差が最も大きい県は?「進学格差」をデータで見る

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
地域や性別によって進学率の「格差」はある=ゲッティー(イメージ)
地域や性別によって進学率の「格差」はある=ゲッティー(イメージ)

 「地元では女性の高学歴は珍しく、職場では男性から『キワモノ扱い』でした」就職氷河期時代に希望する公務員の職に就いたミチコさんはそう振り返った。九州地方の中核都市で暮らす。

 性別や住んでいる地域によって進学率の「格差」はあるのか――。

 毎日新聞は、2022年度の文部科学省の学校基本調査をもとに、都道府県別・男女別の大学進学率を試算した。

 22年3月の4年制大学進学率を都道府県別で見ると女子の場合、最も進学率が高いのは東京都で75・8%、京都府69・0%、山梨県59・4%と続く。

この記事は有料記事です。

残り648文字(全文889文字)

【Gender】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集