特集

円安と物価高

日本の物価が上がっています。円安・ドル高もコスト上昇に拍車をかけ、賃上げの動きも見られます。

特集一覧

政府、低所得世帯に3万円 電力大口利用者の負担減 物価高対策

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
首相官邸=東京都千代田区で2023年1月11日午前10時44分、竹内幹撮影
首相官邸=東京都千代田区で2023年1月11日午前10時44分、竹内幹撮影

 政府は22日、首相官邸で「物価・賃金・生活総合対策本部」の会合を開き、追加の物価高対策をまとめた。LPガスや電力の大口利用者の負担軽減や、低所得世帯向けに一律3万円、子ども1人当たり追加で5万円を給付するといった内容。2022年度予算の予備費から2兆円超を充てる。

 対策では、国が地方自治体に配る「地方創生臨時交付金」を1兆2000億円増額する。

 ガスや電気料金の高騰対策として使える枠を約7000億円増額。LPガス利用者の負担軽減策の拡充や、大規模工場向けの電力契約「特別高圧」利用者の負担軽減に充てる。

この記事は有料記事です。

残り342文字(全文596文字)

【円安と物価高】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集