特集

ウクライナ侵攻

ロシアによるウクライナへの軍事侵攻から1年。長期化する戦闘、大きく変化した国際社会の行方は……。

特集一覧

岸田首相「G7議長国の決意示せた」 ウクライナ訪問の意義強調

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
参院予算委員会の冒頭でウクライナ訪問の報告をする岸田文雄首相(右)=国会内で2023年3月23日午後1時9分、竹内幹撮影
参院予算委員会の冒頭でウクライナ訪問の報告をする岸田文雄首相(右)=国会内で2023年3月23日午後1時9分、竹内幹撮影

 岸田文雄首相は23日午前、訪問先のウクライナから帰国し、午後には参院予算委員会に出席した。首相は予算委質疑で、5月に広島で主要7カ国首脳会議(G7サミット)が開かれることを念頭に「G7議長国を務める日本として、ウクライナ侵略への対応を主導する決意を示すことができた」と訪問の意義を強調した。ウクライナへの追加支援策として車両や建設用機械などの提供を検討する意向も示した。

 首相はウクライナのゼレンスキー大統領について「祖国、自由のために戦うリーダーとして大きな存在感を示している。実際に会って、真っすぐな勇敢な性格の方との印象を持った」と語った。「この目で現地の情勢を見て、大統領とじっくりと議論を行ったことで現地の状況をより実感を持って把握することができた」とし、「ロシアによるウクライナ侵略を一刻も早く止めなければならない。G7議長国である我が国は、その過程でリーダ…

この記事は有料記事です。

残り612文字(全文998文字)

【ウクライナ侵攻】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集