特集

第95回センバツ高校野球

第95回選抜高校野球大会の特集サイトです。

特集一覧

報徳学園が初戦突破 健大高崎に快勝 センバツ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【報徳学園-健大高崎】八回表報徳学園2死三塁、石野が左越え2点本塁打を放つ=阪神甲子園球場で2023年3月24日、前田梨里子撮影
【報徳学園-健大高崎】八回表報徳学園2死三塁、石野が左越え2点本塁打を放つ=阪神甲子園球場で2023年3月24日、前田梨里子撮影

 第95回記念選抜高校野球大会は第6日の24日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で2回戦があり、報徳学園(兵庫)が7―2で健大高崎(群馬)に勝ち、4強入りした前回出場の第89回大会(2017年)に続いて初戦を突破した。健大高崎は前回出場した第93回大会(21年)に続く初戦突破はならなかった。

 報徳学園は第9日の第3試合で、東邦(愛知)―高松商(香川)の勝者と対戦する。

   ◇

 報徳学園が逆転勝ちした。1点を追う二回2死満塁から3者連続押し出し四球で3点を奪って逆転。四回は堀、石野の連続適時打で2点を追加し、八回は石野が2ランを放った。先発・盛田は直球に伸びがあり、8回2失点と好投した。健大高崎は一回に箱山の適時打で1点を先取したが、先発・小玉が制球を乱したのが響いた。

健大高崎・青柳博文監督

 自滅の負けだった。序盤の失点は想定の範囲内。(先発の小玉は)球も走っていたし、悪くなかった。4、5点勝負になると思っていた。後半まで粘って機動力を生かしていきたかったが、あれだけ点差が離れてしまうと苦しい。結果的に攻めが単調になってしまった。2点では勝てない。夏に向けて、打力の向上も含めてレベルアップを目指したい。

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集