特集

第81期名人戦

第81期名人戦七番勝負は、初挑戦の藤井聡太王将が渡辺明名人を破り、4勝1敗で名人位を奪取。最年少名人獲得記録を更新、史上2人目の7冠を達成した。

特集一覧

7冠に王手の藤井聡太、終盤まで「勝ちを見通せず」 名人戦第4局

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
第81期名人戦七番勝負第4局2日目、渡辺明名人(手前右)に勝利し、感想戦で笑顔を見せながら対局を振り返る挑戦者の藤井聡太王将(同左)=福岡県飯塚市の「麻生大浦荘」で2023年5月22日午後5時5分、吉田航太撮影 拡大
第81期名人戦七番勝負第4局2日目、渡辺明名人(手前右)に勝利し、感想戦で笑顔を見せながら対局を振り返る挑戦者の藤井聡太王将(同左)=福岡県飯塚市の「麻生大浦荘」で2023年5月22日午後5時5分、吉田航太撮影

 福岡県飯塚市の麻生大浦荘で21日から繰り広げられた第81期名人戦七番勝負の第4局(毎日新聞社、朝日新聞社主催)は22日、挑戦者の藤井聡太王将(20)が渡辺明名人(39)に勝ち、対戦成績を3勝1敗とした。藤井王将は終局後、封じ手に1時間19分も割いたことについて、指す手は決めていたものの、その後の展開を一晩かけて読み切るために、▲7七桂を封じ手にしたことを明らかにした。谷川浩司十七世名人(61)の持つ最年少名人記録(21歳2カ月)の更新と7冠達成まであと1勝に迫ったことについては「スコアは意識せずに、またいい状態で臨めればと思います」といつも通り控えめに語った。【丸山進】

 終局後に藤井王将が報道陣に語った主な内容は以下の通り。

見通し立たず 受けに回った

 ――序盤の方針や形勢判断は。

 ◆(1日目の)昼休憩で長考したところで▲2六飛(27手目)では▲3八飛も考えていたんですけど、それも見通しが立たなかったところはありました。本譜も▲2六飛だと攻められる展開になりやすいので、どうなっているか難しいのかなと思って指していました。

 ――封じ手に1時間19分長考した。

 ◆▲7七桂を本線に考えていたんですけど、その後、△6五桂と指された時が手が広いのかなと思って、そこでの指し手が決まっていなかったので▲7七桂を封じ手にしました。

 ――▲8八銀(43手目)では▲9五歩が控室の本線だった。

 ◆△6五桂(42手目)のところは手が広く、本譜はかなりこちらの玉が危なくなる変化が結構多いので、どうかなというところもありました。▲9五歩は、と金が作れる変化になるので、その後に後手の飛車をどのくらい追って行けるかもあったので、それほど見通しが立たなかったので、本譜で受けに回る順を選びました。

攻めを受け止める見通し立ち

 ――▲8四歩(49手目)の飛車取りに△8七歩(50手目)と銀取りに打たれた局面は。

 ◆基本的にはこちらが後手の攻めを受け止められるかどうかかなと思っていたんですけど、△8七歩は予想していなかった手。▲8三歩成で攻め合う手ももちろん考えたんですけど、よく分かりませんでした。本譜だと拠点が残ってしまうので、なかなかこちらの自玉の嫌みを解消できない展開かなと思っていました。

 ――勝勢を意識したのは。

 ◆こちらが受ける展開が続いていたので、はっきり勝ちが見通せるところはなかったんです。▲7四歩(61手目)と伸ばした後、▲6六角(63手目)と打って攻めを受け止められそうな形になったかなと思っていました。

 ――3勝1敗として最年少名人と7冠にあと1勝と迫った。第5局に向けての意気込みを。

 ◆第5局もすぐにあるので、あまりスコアのことは意識せずに、またいい状態で臨めればと思います。

【第81期名人戦】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集