豚なのに「やきとり弁当」 函館名物、誕生から45年 GLAYが紹介、全国区に /北海道

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ハセガワストアの「やきとり弁当」=北海道函館市で
ハセガワストアの「やきとり弁当」=北海道函館市で

 函館市を中心に展開するコンビニ、ハセガワストアの「やきとり弁当」が8月で誕生から45年を迎える。ご飯にのっている串焼きに使われているのは豚バラ肉。地元出身の人気バンド・GLAYのメンバーが紹介したことで全国的に注目され、名物の一つになった。商品部次長の住谷真樹彦さん(60)は「ぜひ函館を訪れ、作りたてを食べてほしい」と話す。

 ハセガワストアは1958年に化粧品店として創業し、62年から食品などの販売を手がけるようになった。78年8月、酔客が「弁当はないか」と創業者の長谷川文夫会長に尋ね、商品の米とのり、つまみとして売る予定で焼き始めた豚串を組み合わせたのが始まりだった。

この記事は有料記事です。

残り381文字(全文670文字)

あわせて読みたい

スポニチのアクセスランキング

現在
昨日
1カ月

ニュース特集