学校浸水対策へ手引 「10年に1度」災害想定 文科省

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 文部科学省は30日、豪雨や台風による学校の浸水対策の手引を公表した。従来の「1000年に1度」クラスの大規模水害への想定だけでなく、「10年に1度」など、より発生確率の高いリスクへの備えを教育委員会などに促す。被害の想定規模を縮小して対策に取り組みやすくする狙いがあり、施設への止水板設置といった例を示した。

 手引では、自治体の河川管理部署と連携して学校ごとの詳細な被害想定を把握し、リスクに応じた優先度を設けるよう要請。避難計画や、被害収束後に学校を再開させる手順を整備する必要があるとした。ハード面は(1)建物への止水板設置(2)電源設備や職員室を上階に移す(3)増改築時に校舎を「高床」にする――などを挙げた。

この記事は有料記事です。

残り244文字(全文553文字)

あわせて読みたい

スポニチのアクセスランキング

現在
昨日
1カ月

ニュース特集