特集

ウクライナ侵攻

ロシアによるウクライナへの軍事侵攻から1年。長期化する戦闘、大きく変化した国際社会の行方は……。

特集一覧

モスクワにドローン攻撃続発 大統領邸近くにも墜落、高まる警戒

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ドローン攻撃で損傷したとみられる建物=モスクワで2023年5月30日、ロイター
ドローン攻撃で損傷したとみられる建物=モスクワで2023年5月30日、ロイター

 ロシアの首都モスクワと周辺地域で5月30日未明、無人機(ドローン)による攻撃が相次ぎ、1機はプーチン大統領の邸宅近くにも落ちた。プーチン氏は30日、「テロ攻撃という明確な兆候がある」との認識を示した。5月上旬には大統領府の一角がドローン攻撃を受けたとロシア側は発表しており、首都と周辺地域への相次ぐ攻撃に警戒を強めている。

 ドローン攻撃は30日午前2~3時ごろに起きたとみられる。ロシア国防省は計8機が攻撃してきたと発表したが、一部の独立系メディアは25機を超すドローンが飛来したと報じた。

この記事は有料記事です。

残り517文字(全文763文字)

【ウクライナ侵攻】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

スポニチのアクセスランキング

現在
昨日
1カ月

ニュース特集